月別アーカイブ: 2015年11月

マタニティマーク

マタニティマークって知名度はそんなにないでしょうね。
私も妊娠するまで知りませんでした。

というのもこのマークを使用している人をあまり見かけたことがないのです。
妊娠中に読んだ雑誌では、あえて使わないという人が多かったようです。
というのは、不妊に悩んでいる人に申し訳ないとか、妊娠アピールって
何の自慢?といわれたことがあるとか、ネガティヴな理由が多かったです。
このマークの使い道は、おなかが大きくなくて妊婦さんかわからない人が
周囲の人から少しでも気遣ってもらうためのものだと思うのです。
満員電車でこのマークをつけている人を見かけたら、席を譲ってあげて欲しい。
重い荷物を持っている人がいたら、手伝ってあげて欲しいと思います。
おなかが大きくなってくると、周りの人の優しさにふれる機会も多くなります。
スーパーなどではカゴを運んでくださったり、ケーキ屋さんでは車まで運んで
くださったりとうれしかったです。
マタニティマークの正しい認識と理解が広まればもっともっと妊婦さんが
生活しやすくなるのにね。
妊婦って本当に大変なんですよ。
私はもう妊娠生活送りたくないと思ってますから。

スーパーの駐車場などでは車椅子専用の場所が入り口付近に設けられていますが
全く関係のない人が停めているのを見かけます。
ここには妊娠中の人や小さい赤ちゃんを連れている人も停められるという場合も
ありますが、そういう人たちは車に専用のマークを貼っていないため、停めたくても
停めにくいのが現状です。
お腹の大きい人ならわかりやすいかもしれませんが、実際に妊娠中で一番辛いのは
初期のつわりの時期です。
私は初期の頃、切迫流産と診断され外出を控えるようにと医師から言われていて
重い荷物も持ってはいけない状態だったことがありますが、この場所には停められ
なかったです。
お腹もまだ目立っていないですし。
マタニティマークというのを母子手帳と一緒に配布してもらっていますが
これの普及率ってかなり低いと思われます。
ようやく最近見かけるようになったかな。
つけているからってどうなの?っていう意見もあります。
電車に乗っているなら席を譲ってもらえる利点もあるのかな。
不妊の方への配慮っていうのもあるらしいです。
万人に認められることって難しいかもしれないですが、少しでも妊婦さんの負担を
減らしていける世の中になればいいなと思います。